Slider

NEWS最新情報

Facebook

2017.12.21

「KINOBUTA」、「CAFÉ WIN」記者発表会が行なわれました。

障害のある人が働くお子様ランチ専門レストラン「KINOBUTA」及びカフェ「CAFÉ WIN」の開設について、12月1日、長崎県大村市役所にて記者会見が行なわれました。大村市、社会福祉法人飛翔会、社会福祉法人三彩の里、日本財団の共同プロジェクトで、「KINOBUTA」は2018年2月開設予定、「CAFÉ WIN」は2017年12月13日開設です。

「KINOBUTA」は、ボートレース場内では全国初となる障害のある人が働く就労支援事業所であり、「CAFÉ WIN」はボートレース場外での開設で、こちらも全国初となります。中心市街地で働く場を創出し、同時に地域の活性化を目指します。まずは3万円の工賃達成が目標です。

日本財団「はたらくNIPPON!計画」は、ボートレース発祥の地である長崎県大村市において、全国初となる本企画への助成を決定しています。

記者発表であいさつする園田裕史・大村市長
右は日本財団の前田晃・専務理事
記者発表後に行われた「CAFÉ WIN」の内覧会において、カフェ内に
掲示する日本財団のネームプレートを社会福祉法人「三彩の里」
江口司・理事長(中央)に手渡す日本財団の前田専務理事。
右は「三彩の里」の和久井碧・現業指導員