Slider

NEWS最新情報

Facebook

2018.02.05

働くを考えるマガジン『WORK+』、創刊準備号を発行しました。

日本財団「はたらくNIPPON!計画」は、スタートしてから約2年半が経ち、これまで障害のある人が働くということについて、たくさん考え、学び、ぶつかり、奮闘しながら、数々の事例をつくってきました。

「働く」ことって、どうして大切なのか?人はどうして働くのか? ・・・そういった人生に関わる永遠の問いについて、障害のある彼らから学ぶことはとても多いかと思います。

そして、普遍的なテーマであるからこそ、就労支援に関わる方たち以外にも、投げかけてみたい。「働くってなんだ?」

障害のある人だけではなく、様々なマイノリティの「働く」を通じ、みんなで立ち止まって考えてみる。そんな、新しいマガジン『WORK+』(ワークプラス)が、創刊します。

今後、季刊誌としての発行したいと考えていますが、まだ未定です。でも頑張って(働いて?)発行したいと思います。

創刊準備号(=0号)、ぜひ読んでみて下さい。そして、ご意見・ご感想をお待ちしております。

★0号(無料)をご希望の方はWEBフォームよりお申込みください。

※日本財団ビル1階受付付近にも置いてありますのでご自由にお持ちください。