Slider

PROJECTモデル構築プロジェクト

Facebook

2018.12.20

70年の味を受け継ぐ 郡上八幡の団子屋さん

夏は「郡上おどり」で賑わう、岐阜県奥美濃の郡上八幡。古い町並みの中に障害者が働く団子屋「団子屋郡上八幡」が営業を開始しました。

地元で就労支援事業を行う社会福祉法人ぶなの木福祉会が運営を行います。今回の事業で、工賃6万円(就労継続支援B型)の達成が目標です。

また、夏は賑わいを見せるものの、オフシーズンは閑散としている郡上八幡地域の活性化にも貢献することを目指しています。

店舗外観

八幡町で70年以上続き、惜しまれながら閉店した「二代目団子屋」の味を受け継いで、秘伝のレシピで作った団子を提供。店主だった牧野さん(73)が、オープン前から団子づくりの指導に入ってくれました。

団子と飲み物のセット

店舗の改装も、郡上八幡の魅力を最大限に引き出しています。郡上本染の美濃和紙を使用したりと、設計士と打合せを重ねました。

団子を焼く匂いが外へも中へも充満し、人々を惹きつけます。外であるきながら食べてもよし、店内で中庭を眺めながら、特等席をゲットしてゆっくり食べるもよし。

おすすめは、2階席。夏の賑やかな時期には、窓から郡上おどりを眺められます。

2018年11月の開所式は地元の方々も集まり賑やかに行われ、できたての団子が振る舞われました。

観光客も、地元住民も、みんなが集まり賑わう団子屋を目指して、頑張ってくださいね!

★「団子茶屋郡上八幡」(社会福祉法人ぶなの木福祉会)
場所:岐阜県郡上市八幡町島谷字今町1105
営業時間:10:00-17:00
定 休 日:木曜日

※2018年12月時点

 

(文:福田)