就労支援フォーラム2017、開催決定! 2017年12月3日(土)、4日(日)、ベルサール新宿グランド
Slider

PROJECTモデル構築プロジェクト

Facebook

2018.04.17

「おこさまランチ専門店」で、親子で楽しめるボートレース場に

またまた、新たな拠点がオープン!
はたらくNIPPON!計画モデル構築プロジェクト 18か所目となる、おこさまランチ専門店「KINOBUTA」です。

2018年4月14日、ボートレース大村場内にて、開所式を行いました。

場所は長崎県大村市。ボートレース発祥の地です。
ボートレース大村の一角の大きな敷地には、大きな「タブノキ」という木と、こども用遊具がありました。そのただ広いだけの空間を何かに活用できないか?そこから、一気に動き出した本事業。

Before

担い手として複数の団体よりエントリーがありましたが、最終的に社会福祉法人飛翔会(長崎県大村市)に決定。「はたらくNIPPON!計画」との出会いをきっかけに、現存の作業の拡大ではなく、ボートレース発祥の地にふさわしい、ボートレースがもっと楽しくなる事業を構想。「おこさまランチ専門店」で、子どもが主役となる空間をつくりました。それはまた、現存のボートレース場内のレストラン等と共存するための秘策でもあります。
売上を確保し、就労継続支援B型事業所として工賃3万5千円を目指します。

店名の名前になった「KINOBUTA」は、「タブノキ」を逆から読んだもの。ブタを中心に、動物がたくさん、そして野菜もたくさん、カラフルな店内です。

店内から見えるタブノキ。昨年からの寒い冬を越すために、ミキマキ(包帯)が施されていました

メニューにも野菜がふんだんに使用されています。ピックには「ターンマーク坊や」(ボートレース大村のキャラクター)が。

開所式であいさつをした利用者の関さんらは、「緊張するけど、とにかくがんばります」と、意気込みます。

競艇企業局や、大村市のスピードの速さも、この事業の実現に大きく貢献していただきました。

なにより、「はたらくNIPPON!計画」の資金源はボートレースの収益金です。公益の増進のために行われてきたボートレースが、「KINOBUTA」の貢献によりさらに社会に還元されることに、大いに期待です。(もちろん、売上と工賃向上をしっかりとがんばってくださいね!)

 

★おこさまランチ専門店「KINOBUTA」(社会福祉法人飛翔会)
場所:長崎県大村市玖島1-15-1
営業時間:11:00-16:00(15:30ラストオーダー)
※2018年秋のナイター開始後変更予定
定休日:ボートレース大村の閉館日

 

(文:福田)