就労支援フォーラム2017、開催決定! 2017年12月3日(土)、4日(日)、ベルサール新宿グランド
Slider

PROJECTモデル構築プロジェクト

Facebook

2018.06.19

玖珠町地方創生プロジェクト 開始!

すでにこちらでご紹介しておりました、大分県玖珠町・社会福祉法人暁雲福祉会・日本財団「はたらくNIPPON!計画」合同の「玖珠町地方創生プロジェクト」。6月10日、ついに開所を迎えました。

年間3万人が訪れる、国指定登録有形文化財の旧豊後森機関庫。しかし、ゆっくりできる場所もなく、ただ写真を撮っては帰ってしまう・・・。もっと観光客に滞在してもらい、町の振興につなげよう!と、始まった本プロジェクト。

助成により、米倉庫2棟のリノベーションを行いました。整備したのは、「玖珠・森のクレヨン」(カフェ・レストラン)と「森の米蔵」(多目的交流スペース)です。障害のある方が、厨房での作業や接客、建物の掃除などに関わります。
2棟あわせて、就労継続支援A型・就労移行支援の施設です。玖珠町内では、初めてのA型施設。現在、14名の障害のある方が就労しています。

リノベーションした米倉庫
さっそく大忙しです!

「玖珠・森のクレヨン」では、特Aランクの玖珠米や米粉(ひとめぼれ)を使用した食事や、機関車にちなんだ多彩なメニューを提供し、ここでしか体験できない味で地産地消を目指します。
昭和初期の雰囲気が残る「森の米蔵」は、展覧会や音楽イベント等が行われる地域の交流拠点となります。

森の米蔵 内部
玖珠・森のクレヨンから眺める「ゆふいんの森号」

カフェからは、昭和9年に施工された扇形機関庫と転車台、そして大正8年に製造され福岡から移設された蒸気機関車が望め、また目の前には九大本線が走っており「ゆふいんの森号」などの列車が間近で見られます。7月には豪華寝台列車「ななつ星」の特別運行も予定されています。

より多くの観光客が足をとめ、玖珠町の観光振興・また、地元の障害のある方の就労場所として活気が戻っていくことに期待です!

旧豊後森機関庫 全景
みなさん、がんばってくださいね。
列車が通ります

 

★「玖珠・森のクレヨン」「森の米蔵」(社会福祉法人暁雲福祉会)
場所:大分県玖珠郡玖珠町大字帆足449-1
営業時間:(ベーカリー)10:00~17:00
(カフェ・レストラン)11:00~17:00
定 休 日:月曜日(※祝日の場合は営業)・火曜日

 

(文:福田)