就労支援フォーラム2017、開催決定! 2017年12月3日(土)、4日(日)、ベルサール新宿グランド
Slider

PROJECTモデル構築プロジェクト

Facebook

2017.05.15

都心でも、障害のある人が働く場所を。原宿にフラワーカフェ

5月14日の母の日を目前に、8日、カフェを併設したフラワーショップ「LORANS. social flower & smoothie shop」が原宿にオープン!開所式を行いました。

ここでは、約20人の障害のあるスタッフが働きます。

セレモニーのようす

(一社)ローランズプラス・(株)ローランズ代表の福寿さんは、駒込と川崎の2店舗で生花店を運営。障害者の雇用を行ってきました。
そして今回、日本財団の助成を受けて原宿店をオープン。改装中、「ここには何ができるの?」と楽しみにしてくれていたお客さんもお迎えし、お花とスムージーを振舞いました。

挨拶をする福寿さん
お花を渡すスタッフの南さん

お花のフレーバーを使ったスムージーなどを提供するカフェも併設し、単なるお花屋さんではない展開に。また、店内は流れ星をイメージしたアーチをめぐらせ、植物に囲まれているような居心地の良い空間を演出しました。

コンセプトは、「はたらく女性を植物の力で応援する空間」。近隣には、アパレルや飲食店などで働く人々も多く、ターゲットにしています。

 

メニューの試食会にて(5/2撮影)

事業を新たに始めるときによくネックとなる、「場所」。原宿店も、初めからスムーズに決められたわけではありませんでした。
福寿さんが、都心にとこだわって当初の候補にしていたのは、東京赤坂。しかし、事業の内容を聞いた建物のオーナーからは、理解を得られませんでした。

ここでストップせずに、前に進み続けたことが、今回のオープンにつながったのだと思います。

これまでになかった、都心で、しかも多くの人の目に触れる場所での展開。洗練された若者ファッションの街・原宿でこのお店ができる意味は大きいです。

 

★ローランズ原宿 social flower & smoothie shop(2017.05.15時点情報)
場所:東京都渋谷区千駄ケ谷3‐54‐15
営業時間:午前11時~午後7時
メニュー:スムージー 486円~(全10種)、オープンサンド(全4種)、スープ、ソフトドリンクなど

メディア掲載(一部)

「障がい者の働き方をドラスティックに変える!「はたらくNIPPON!計画」の挑戦 」(BLOGOS)→記事リンク

5月にオープンする注目ヴェニュー5選」(Time out Tokyo記事リンク

「都心で挑む障害者の自立支援。東京・原宿にオープンした障害者が働くフラワーショップ&カフェ。」(チャリツモ)→記事リンク

テレビ放送

障害者が生き生きと働く花屋オープン」(NHK)→Youtube

 

(文:福田)